スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈落の底(その2)

  • 2009/03/11(水) 23:01:04

弁天座は小さいですが回り舞台や迫などがあります。
前回は回り舞台と迫を紹介させていただきましたが、今回は続きをどうぞ。

すっぽん(その1)

こちらが「すっぽん」と呼ばれる花道にある迫です。こちらは、妖怪などが
登場する迫となっています。

すっぽん(その2)

奥のほうに小さなハンドルが見えると思います。こちらは人力です。
あまり大きく見えないですが、人を乗せると結構大変な作業となります。

空井戸

こちらは空井戸です。

空井戸(その2)

ここは、まだ使ったことがありません。というか、どんな芝居で使うんでしょうか。
事務局長Yさん教えて!

そして、こちらが「鳥屋」に向かうための通路です。

通路

ここを進んで鳥屋に向かいます。絵金歌舞伎の時は、衣装を着けて
ここを移動するわけですが、理事Iは横幅が広いので結構移動が大変です。

鳥屋階段

で、この階段を上がったところが鳥屋となります。これで、奈落の紹介は終わりです。
次回はぶどう棚を紹介したいと思います。

それと、次回の弁天座映画会のご紹介。まだ、予定なのですが
5月3日(日)、お隣の香我美町出身の野村長平の映画「漂流」を予定しています。
主演は北大路欣也。
上映開始時間は11時、13時30分、16時30分の3回です。

映画会の次の週末は、香南市香我美町岸本海岸で「長平祭り」も行われます。
5月の連休はぜひ香南市に遊びに来てください。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。