スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵金歌舞伎ご一行・小豆島に行く(その一)

  • 2009/05/19(火) 22:02:52

5月16日、絵金歌舞伎の精鋭14名が、全国地歌舞伎サミット出席のため、小豆島に旅立ちました。(ま、会議に出席するのは会長だけですけどね。その他は観光)
今回は、駅前観光さんのバスで出発です。
バス
出発時間の7時に2分も前に、全員乗車完了とのこと。元気に事務局長Yが「出発進行!」
お見送りに来てくれたIちゃんにみんなで手を振って出発です。が、当然のように問題発生。「H先生は」との声。そうです。一緒に行く予定のH先生が乗っていません。もう少しで置いていくところでした。誰が人数確認するがと問えば、当然のように「あなた」と添乗員役まで押し付けられてしまう始末。
相変わらずの行き当たりばったり旅行の始まりです。
今回は、女性陣が多いため、あまりお酒も進まないようで、珍しく豊浜までおしっこ休憩はなしで順調に旅行が進んで行きます。
豊浜到着
そして、定刻どおり高松港に到着です。
高松港到着
待つこと10分?ぐらいだったでしょうか。本日小豆島に運んでくれるフェリーの到着です。
フェリー到着
そして、いよいよ乗船。
いよいよ乗船
行きのフェリーは第七しょどしま丸です。こちらが船内案内板。
船内案内板
いよいよ、しばし四国とお別れです。目指すは小豆島。小学校の修学旅行以来です。
四国としばしの別れ
そして約一時間の間、弁天座のメンバーは船内で大騒ぎです。
行きの船内
いよいよ、小豆島土庄港に到着です。
土庄港
小豆島に上陸してまず最初にしたことはこれ。
二十四の瞳銅像前
この後、地歌舞伎サミットの会場でもあり、私たちの宿泊場所でもある「小豆島国際ホテル」で昼食です。
昼食
このホテルの名物は「エンジェルロード」といわれる引き潮のときに現れる、隣の島までの「砂の道」です。ここはNHK特番「“これこそ!わが街元気魂”の地域のご自慢CM」(2008年1月放送)で大賞を受賞した所のようです。
エンジェルロード(干潮)
ちなみに翌朝の満潮時はこんな感じ。
エンジェルロード(干潮)
そして、いよいよ小豆島の観光に出かけていくわけです。が、続きはあしたということで(これで、後2回ぐらいはねたに困らないかも。フフフ・・・・)

そして、今年の夏は弁天座は落語三昧です。弁天座2周年記念その一はこれ。
落語チラシ表
6月6日は弁天座落語会です。入場料1,000円(当日1,300円)
チケットは弁天座他で好評発売中です。

そして、弁天座2周年記念その二は「桂三若落語会」
日時:7月12日日曜日
開演時間:15時(開場14時)
チケット:大人1,300円(当日1,500円)
     小学生700円(当日1,000円)
     ※未就学児の入場は不可となっております。

みなさん、ぜひ弁天座に遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。