スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵金歌舞伎ご一行・小豆島に行く(その三)

  • 2009/05/23(土) 23:26:14

こんばんわ。気づけば1週間がたってしまいました。今日で最後にしたいと思います。その一その二はこちら。

17日は、「肥土山の舞台」で地歌舞伎の鑑賞です。
ポスター

朝は日差しも見えたのですが、舞台に着くとやはり雨です。最近の天気予報は良くあたりますね。
肥土山の舞台1
田んぼの中に茅葺屋根の舞台下見えてきます。いい風情ですね。舞台はこんな感じ。素敵ですね。回り舞台もあるそうです。
舞台2
主催者の挨拶の後、早速演目に入ります。まずは肥土山農村歌舞伎保存会の「三番叟」です。
三番叟1
三番叟2
三番叟3
絵金歌舞伎でも三番叟をやりますが、ぜんぜん雰囲気が違いますね。こちらの三番叟が「静」なら絵金歌舞伎は「動」といった感じでしょうか。こちらが絵金歌舞伎です。絵金歌舞伎三番叟
いい写真がないか探してみましたが、よく考えたらいつも出ているので写真がありませんでした。

そして次は、「鬼一法眼 三略の巻 菊畑の段」肥土山農村歌舞伎保存会の子供歌舞伎です。とても可愛らしい役者さんたちでした。
鬼一法眼1
鬼一法眼2
鬼一法眼3

次は、中山歌舞伎保存会の「小豆島 小豆島古城の場」です。こちらは、大正二年に歌舞伎座で初演された佐々木信胤とお妻の局を題材に、舞台を小豆島にアレンジした歌舞伎だそうです。
小豆島1
小豆島2
小豆島3
回り舞台
舞台転換に回り舞台が回ります。すごいですね。しかし、ここで雨が激しくなり、申し訳ありませんが撤退ということになりました。
会長
こちらは、S会長とお母さんです。

小豆島で気になったもの。これです。
観音様
大きな観音様です。なぜあんなに大きいんでしょうね。ご利益も大きいのでしょうか?

この後、フェリーで高松港に。さよなら小豆島。さらば小豆島
高松港

しかし、最後まで事務局長Yのわがままが炸裂です。雨で寒くなったので、お風呂に入って帰ろうと言い出しました。で、屋島の健康ランドに行き先変更です。運転手さん本当に申し訳ありませんでした。何はともあれ、一泊二日の楽しい旅もこうして無事終了しました。皆さんお疲れ様でした。
事務局長さん。次回はもう少し計画的に行きましょうね。

そして。今日は、下座の練習がありました。明日、赤岡小学校の校外授業ということで「白波五人男」をやることになり、その練習です。本番前日まで練習しない所がさすが絵金歌舞伎。ま、なんとかなるでしょう。
練習1
練習2
舞台準備1
舞台準備2
舞台の準備も完了しました。明日もがんばりましょう。その前に、弁天座の監査、しっかりお願いしますよ。事務局長様。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。